行政書士になるなら試験が大事|解答速報で合格する手ごたえを確認

人一人の個性を育てる仕事

保育士

やりがいのある仕事です

幼稚園教諭になるには文部科学省が認定した大学院、大学、短大、専門校で幼稚園教諭養成課程を終了する必要があります。短大や専門学校では資格取得を目標に2年間学び、さらに現場で実践経験を積むことになります。大学、大学院では資格を取得して、さらに幼児教育を専門的に学べます。公立幼稚園に就職をするには都道府県が実施する教員採用試験を受けることになります。私立の場合はそれぞれの幼稚園で行う採用試験を受けることになります。幼稚園教諭に求められるものは子供が好きであることは勿論ですが、仕事は体力的、精神的にもハードです。また人一人の個性を大切に伸ばしていくことが求められる、根気が必要な仕事ですが、子供の成長とともに自分がやってきたことに自信と誇り、喜びが持てます。また学校では学べない大切なことはコミュニケーション作りです。子供を中心に保護者とこまめにコミュニケーションを取れる人が求められています。一方で幼稚園教諭の数も少子高齢化社会になるにつれ現象に向かうと言われています。しかしこれまでの幼稚園と保育園の住み分けもなくなりつつあります。一体になった認定こども園も現在設置されています。そうすれば人材は逆に必要になるのです。その中で幼稚園教諭と保育士の資格を持てば活躍の幅も広がります。大学院、大学、短大、専門校で幼稚園教諭の資格を求め幅広い知識と経験を積んで行くことはどのような時代になろうとも無駄にはなりません。

Copyright© 2018 行政書士になるなら試験が大事|解答速報で合格する手ごたえを確認 All Rights Reserved.